和風野菜ちゃんぽんへの想い

2021 / 10 / 05

大学を卒業して地元の別府に戻り、社会人として生活していた時に友人から誘われ飲みに行った時

「和風ちゃんぽん」を食おうと誘われた。

自分が知っているちゃんぽんは白濁したスープに太い麺

当時は子供のように好き嫌いが多く、ちゃんぽんは嫌いではなかったがどうでもいい食べ物だった

でも、まぁいいかと思いながら仕方なく付いて行く

和風ちゃんぽん? 聞いたことない

どんな味なんだろう?

出てきたちゃんぽんは自分が知っているものとは全く違う

スープが澄んでいて麺が細い

味が薄そうで、とても旨そうに見えない

あ~ぁ、外したな・・・

そう思いながら口に入れる

何だ? この味!!

確かに和風だ!!

しかも麺を焼いていてパリッとした食感が!!

こんなちゃんぽん食ったことない

めちゃくちゃ旨い!!!!

あっという間に完食してスープまで飲み干した

こんな旨い食べ物があるのか!!

毎週食べに来よう!!

と思ってたら

19時オープンで25時閉店  日曜定休日

飲んだ後に〆で寄る店

ダメじゃん・・・

飲みに出た時しか行けない

で、飲みに出た帰りに行くと

満席で入れない!!

今日はスープが終わった!!

平日なのにオープンしてない!! (不定休になってる)

何で~!!

いつ食べれるの~???

自分だけでなく、多くの人がこういう思いをしたと思う

それでも飲みに出た時は必ず寄ってた

そうやって数十年

年齢も重ねたオーナーが、疲れたのでそろそろやめるという噂が・・・

たまたまオーナーと懇意にしている自分の知人に聞いてみたら

「本当に辞めたいらしいよ」という返事が

「あの味を絶やしたくない」などというカッコいい話ではなく、

大好物の、あのちゃんぽんが食べられなくなるのは嫌だ!!

という私欲からの思い

で、その知人を通じて是非引き継がしてもらうよう、お願いして

今日に至っている

そして、引き継いで5年

「うた乃総本店」

新たな形で

年内オープンを目指して

頑張るぞ~!!

TOP

TOP